賃貸物件にはいろいろなタイプのものがあります

賃貸物件にはいろいろなタイプのものがあります

賃貸住宅の原状回復のトラブルとは

賃貸物件にはいろいろなタイプのものがあります
賃貸住宅で起こるトラブルで原状回復のトラブルというものがあります。これはどういった事なのでしょうか。賃貸住宅を借りてそこを出る際、故意などによって傷などつけてしまった場合は元の状態に戻さなければいけません。そのお金として、部屋を借りた際に敷金というものがあります。これを原状回復費用に充て使用します。しかしどこまでが借主の負担なのかということが明確ではありません。国土交通省では頑丈回復に関するガイドラインを発行していますが、あいまいな部分が多く法律で決まりがあるわけではないので、そのあたりが明確になっていないのが現状です。しかし、あくまで普通にしようしている状態で自然に劣化してしまう部分や故意に傷つけた部分は貸主の負担とガイドラインには書いてありますが、法的効力がないために結局は曖昧なままになっているのです。

その為、ドアの鍵の交換は故意に傷つけたりしていないので貸主の負担ではないかなど、貸主に原状回復費用を請求された場合トラブルになってしまうケースがあるのです。そうならないためにも、まずは借りる側も原状回復費用について確認する必要があります。また、出来れば賃貸住宅を借りる前にそういったことを確認しておくのもトラブル回避の一つの方法です。